探偵社の選び方

探偵社に調査をご依頼することは、一生に一度あるか無いかのことでしょう。

例えば夫・妻の浮気問題に悩み苦しんで、私たち探偵社を頼ってご相談に来るわけです。

人生の大きな決断をして、調査料金を払い、複雑な思いで結果を待つことになります。

それが悪質探偵社であったら、ご依頼者の心はどうなりますか?

残念なことに、そのような探偵が現在でもいます。

一部の悪質探偵社が善良な探偵社に悪影響を与え、探偵のイメージを悪くすることになります。

探偵は個人情報を管理する責任と、事実解明をするために、ご依頼者の代わりとなって行動しなければなりません。

悪質探偵社とは

・調査料金を払ったが、全く調査をしない

・守秘義務を破り、依頼内容を漏らされた

・依頼内容を利用して恐喝された

・調査結果を悪用された

・入金後に連絡が取れなくなった

・見積もり料金以上の追加料金を請求された

・嘘の調査報告を提出された

・質問すると暴言をはかれた

・成功報酬金で契約したのに、失敗しても請求された

探偵社選びのポイント

公安委員会に探偵業の届出を行っているか?

平成19年6月1日より探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)が施行され、公安委員会への届出が義務付けられました。従って公安委員会へ届出をしないと探偵業務は出来ません。探偵業者は、事務所内の目に入る位置にご相談者が分かるように「探偵業届出証明書」を掲示しなければなりません。ご相談をなさるときに、探偵業届出証明書を見せてもらってください。事務所以外でご相談・契約されるときは届出番号を聞いてください。探偵社を選ぶ方法として、まず探偵業届出証明書を確認してください。

調査料金表示が安すぎませんか?

調査というのは張込一つにしても大変な集中力が要ります。尾行となればかなりの精神力が必要となります。それに応じた時間、調査員、機材、諸経費に伴う調査料金が必要となります。決して安い調査料金では良い調査は出来ません。あまりにも安い調査料金では調査を行う前に結果が出ています。安い料金表示につられて面談したら、べらぼうに高い見積もりを提示される。あるいは調査終了後、別途料金で色々な名目で請求されるなどのトラブルが生じます。事前に契約内容を確認する必要があります。

成功報酬制の具体的説明を教えてもらえますか?

成功報酬制の解釈は探偵社によって若干違います。また、依頼者の求める成功も違うように解釈をされる場合もあります。「成功」の意味は調査内容で全く変わりますが、ご相談する段階で自分の調査においての成功を確認してください。例えば10日間の素行調査を行いました。10日間浮気相手との接触がありませんでした。これが10日間の事実であり、10日間の調査においての成功です。失敗ではありません。この辺りを勘違いされる依頼者もいます。しかし11日目で浮気相手と接触する可能性もあります。

報告書や現場写真など証拠は見せてもらえますか?

浮気調査において浮気相手と接触した場合は報告書に写真の添付が必要です。また、浮気の事実がなく証拠写真がないとしても、現場の写真・ビデオなどを見せてもらえないと本当に調査をしたのかと心配になるはずです。又、報告書を請求したら「別途料金がかかります」と言われる場合もあります。事前に調査報告書の説明と調査を行った証拠を提示してくれる探偵社を選んでください。

契約書を交わす前に重要事項の説明をしてもらえますか?

契約書を交わす前に重要事項の説明をしてもらえるか?インターネット、ファックス、電話等で依頼する場合も追加料金等の確認をしてください。重要事項の説明をきちんとしていただき、分からない部分は質問をしてください。質問をしたときに「むっ」とする、ごまかすような説明をする探偵社は避けてください。

細かい料金説明をしてもらえますか?

調査料金、経費等の内訳をしてもらえますか?調査終了後、延長料金200万円、実費100万円とか請求される場合があります。契約時の調査料金に何が含まれているのか?延長した場合の追加料金と実費について説明を聞いてください。従って契約書に延長料金、諸経費についてきちんと記入していただける探偵社を選んでください。もちろん曖昧な説明をする探偵社はやめるべきです。

失敗時の説明はしてもらえますか?

ベテランの探偵でも人間ですから失敗もします。失敗したときは言い訳をしないで正直に報告していただける探偵社が良いでしょう。その後どのような調査で進めて行くか?又、調査を中止する場合、調査料金はどうなるのか?解約時の調査料金の返金額を確認することもお勧めします。通常の探偵社は、失敗した場合は日を改めてサービスをさせていただいています。それが出来ない探偵社は選ぶべきではないでしょう。但し、人間である以上100%の正しい判断は出来ませんのでご依頼者が失敗を責めることはお勧めできません。

調査機材は豊富に持っていますか?

調査によっては、尾行・張込の熟練したプロの探偵でも暗闇の中での証拠収集や、出入りの確認が出来ない場所では特殊機材を使用しないと証拠が取れなく張込みが困難な場所があります。どんな条件でも、どんな場所でも調査できる機材を豊富に持っていることが大切です。事務所での契約の際、調査方法を聞いて使用する機材を見せてもらえたら安心できると思います。調査機材の少ない探偵社は選ぶべきではないでしょう。

下見調査を入念に行っていただけるか?

その日のご契約などでやむをえない場合もありますが、通常ぶっつけ本番は危険です。対象者の写真があっても面取りして実物の顔を確認しないと大変な時があります。下見調査とは本調査をスムーズに行うための事前調査として調査起点周辺、対象者宅周辺、勤務先周辺、面取り、バス停、駅の方向、張込位置、進路状況などをきちんと調べておくことです。素行調査等において下見調査は大切な調査ですから責任感のある探偵会社は下見調査を怠りません。

親身に相談を聞いてもらえますか?

依頼者は悩んで電話をするわけですから、事務的対応される、あるいは冷たく対応されては調査を依頼しても不安になります。本当に真剣に調査をしてもらえるのか?調査終了後、解決方法なども相談にのってもらえるのか?頼りがいのない探偵社は避けるべきでしょう。又威張って上から見下ろして喋ってくる探偵社もどうかと思います。

調査のリスクを説明してもらえますか?

どんな調査にもリスクはつきものです。プロの探偵でも100%正しい判断、予測は出来ません。決して思うようにことが進むとは限りません。行動調査の場合、対象者が意外な行動をすることがあります。「どういったリスクがあり、この場合はこうなる」と説明をしてもらえる探偵社をお勧めします。

調査に対しての知識はありますか?

探偵にとって経験と実績は調査において非常に重要な要素です。又、多くの知識が必要とされる業種です。依頼者が色々質問をしても相談員が「?マーク」では困ります。又、相談員も調査を成功させるために依頼者から情報収集をするために質問を沢山します。質問、説明が少ない探偵社は経験が浅いか真剣さに欠けると判断してください。

面談時に強引な契約をしませんか?

とにかく契約を急ぐ探偵社がいます。通常、浮気調査の場合、依頼者からの情報、調査目的、調査結果の利用方法、依頼者の心情などを聞けば最低2時間から3時間は時間が過ぎてしまいます。依頼者の話を聞かず契約を強引に持ってくる探偵社は選ばないほうが良いでしょう。

絶対に成功するといいませんか?

人捜し調査において絶対に見つけます。浮気調査においても絶対にホテルの2ショット写真を撮ります。「絶対成功する」とか「100%成功します」という言葉を頻繁に使用する探偵社はやめた方がよいでしょう。調査において絶対はありません。会話の中でたまたま使用する場合はありますが、自信を持って「絶対に成功します」といった場合、無責任な探偵社と判断するべきでしょう。

証拠を取れても時間を消化してもらえますか?

契約内容によりますが、例えば浮気調査で10日の契約をしました。1日目でホテルの証拠が撮れました。「はい、終了です」という探偵社が多いようです。しかし、調査目的が離婚のための裁判資料だった場合、残り9日間で一枚でも多く同じ女性との写真が撮れたら、必ず慰謝料請求に大きな影響を与え有利になります。本当に依頼者の立場を考える探偵社であれば依頼者を第一に考えます。

解約金について詳しく説明してもらえますか?

契約をしました。一晩考えて気が変わり、解約を求めたら「着手していますから全額お支払い下さい」と言われるケースがあります。解約の場合の説明を聞いてください。着手前ならいくら。着手後はいくらと契約で取り決めをしないとトラブルの原因になります。

最善の調査方法を説明してもらえましたか?

良心的でベテランの調査会社であれば最善策を一緒に考えてくれます。本当は、いい方法があるにもかかわらず難しい顔を見せる。あるいは、わざともったいぶる探偵社がいます。おそらく自信がないのか?依頼者から調査費を沢山いただく為に利益のみを考える探偵社と判断します。依頼者の利益を考える探偵社を選ぶべきでしょう。本当の意味での依頼者の利益とは調査内容にあった適正な料金で探偵社が最大の努力とサービスをすることです。

サイドメニュー 会社情報
未来総合探偵社
〒470-3321
愛知県知多郡南知多町
内海東前田9番地
TEL:0569-62-2310
※非通知・公衆電話不可
届出:愛知県公安委員会
   第54190001号
個人情報保護士認定

調査・対策項目
・浮気調査
・ストーカー調査
・嫌がらせ調査
・盗聴調査
・盗撮調査
・所在調査
・家出調査
・子供のいじめ調査
・児童虐待調査
・ペット調査
※秘密厳守
 365日24時間対応



Top